男性

組織改革に伴うモチベーションの数値化について

社内稟議の電子化

パソコンを操作する人

稟議電子化の製品選び

企業はビジネスを進めていくうえで、いろんな社内稟議が必要になっていますが、これを電子化するワークフローシステムの導入も進んでいます。ワークフローシステムは、そのまま社内の稟議の流れを電子化して、その決定プロセスを迅速化し、見える化も可能になる仕組みですが、選定にはいろんなポイントがあります。まず最初に自社の稟議プロセスがどのくらい種類があり、それに使用されている書類がどのくらいあるかということを把握することから進めます。これは稟議という業務の棚卸につながるのですが、これによって電子化していく中で容易に移行できるのかどうかが判断できます。もし稟議に使われている書類が、ほぼ統一されているようであれば、その書類をそのまま電子化できるワークフローシステムを導入すれば良いのです。この場合であれば、利用者も今まで使っている書類のイメージで利用できますので、迅速に移行することが可能になります。書類が複数の種類があり、業務によってさらに増える可能性があるのであれば、簡単に稟議用の画面が作れるものを選ぶと良いです。最近では一般的な表計算ソフトをそのまま読み取って、ワークフローシステム用の入力画面に変更できるものもありますから、そういった製品を選ぶと良いのです。このようにワークフローシステムを導入する際には、自社の現在の稟議という業務を棚卸して、その結果に基づいて、導入する製品の選定をしていくのが良い方法です。