男女

組織改革に伴うモチベーションの数値化について

パソコンを操作する人

社内稟議の電子化

企業の業務の中で稟議を電子化する仕組みである、ワークフローシステムを導入する企業が多くなってきています。ワークフローシステム導入時には稟議という業務を棚卸して、その結果によって導入する製品を選ぶ必要があります。

こちらもおすすめ

  • MOTIVATION CLOUD

    組織改革をするためにも、こちらで優良クラウド情報をチェック!働く人のモチベーションアップに努めましょう。
  • TKCグループ

    軽減税率についての情報が知りたいと思っているなら必見になります。ここで案内されている内容を確かめてみよう。
  • 香港BS

    香港で会計の仕事をしたいなら、就労ビザを申請するといいでしょう。ビザの申請をするときには、専門家に相談することをお勧めします。
  • WaWaFrontier for Sales Force Automation

    便利な機能が沢山あるソフトウェア。sfaシステムに関する情報はこちらから。自社に導入して業務の効率化を図りましょう。
  • desknet\’s NEO

    ワークフローシステムを導入して、業務をもっと効率よくこなしてみませんか。料金もリーズナブルなので会社の経費に負担をかける心配なし。

モチベーションを数値化

ミーティング

モチベーションを把握することが組織改革に繋がる

組織改革とはなんでしょうか。それは社員のモチベーションを上げることと同義語だといえます。各社員のモチベーションがあがれば業務に対する改善点が見えやすくなり、より良い方向へ促すことが可能です。逆で言うならば社員にモチベーションが無ければ組織改革など不可能といえます。社員がモチベーションを常に高く持ち、かつそれを維持し続ければ会社の改革は目の前だといえます。しかし、モチベーションは個人個人の主観的なものであり、目に見えないので社員がどういった状態で働いているのかなかなか外から見えない部分があります。現代社会では会社にストレスチェックなど義務付けるようになってきてはいますが、モチベーションにも同じようなチェックが必要です。

モチベーションをなるべく正確に把握する

最近ではモチベーションを測ることができるクラウドサービスもいくつかあり、社員に簡単なアンケートをしてもらうだけで様々なデータをもとにしてその社員のモチベーションを数値化して測ることが出来ます。それだけでなく、そのデータをコンサルティング会社がみることによりその会社の改善点やいますぐやるべきことがわかります。するべきことが経営陣にはなかなかみえない場合もありますが、こういったサービスを利用することで、第三者的な視点から会社の現状把握をすることが出来ます。組織改革は必要だがどこから着手していいかわからないという経営者は社員のモチベーションをチェックし、そこから改善していくと良いでしょう。

PCを見る男性

社内の処理に使える

香港で会計処理を行うことができるソフトウェアはたくさんありますが、まずはポピュラーなソフトから検討していくことで安定したサポートを得ることが可能にはなります。香港への進出には欠かせないツールとして、日本企業も多く使っています。

オフィス

営業を効率化し成果向上へ

sfaとも呼ばれる営業支援ツールは、企業の営業プロセスをIT技術によって可視化し営業力を強化させます。sfaには社内コンピュータにインストールするオンプレミス型と、安価な月額料金で利用できるクラウド型があります。導入後はsfaを有効活用して営業プロセスを最適化する必要があるため、サポートも重要です。